【履歴書】趣味・特技でアピールできる書き方

趣味・特技

履歴書の中で一番軽視されているのが「趣味・特技」ではないでしょうか?

応募者の履歴書を見てみると「特になし」という記述が多いですし、中には記入していない人もいます。

そもそも履歴書のテンプレートによっては趣味・特技の欄そのものがない場合もあります。

しかし、面接官にとって「趣味・特技」の欄は非常に重要な項目です。

書類選考の結果に影響するというよりも、その先の面接のステップに進んだ時に、面接官とあなたとの距離をグッと小さくするための重要なツールです。

今回は趣味・特技を書く時のポイントを分かりやすく紹介したいと思います。

しっかりと考えて書くことで、採用への道がグッと近づきますよ。

採用担当者は趣味・特技から何を見るのか?

採用担当者がチェックするポイント

・応募者の人柄

・面接時のコミュニケーションツール

履歴書の「趣味・特技」では、おもに2つの目的で採用担当者はチェックしています。

応募者の人柄

企業が人を採用するときは、スキルや知識も重要ですが、それ以上に重要なのが「人柄」です。

簡単に言うと「その人と一緒に仕事をしたいと思えるかどうか?」ということですね。

「仕事はできるんだけど、いつも人の批判ばかり」

そんな人あなたのまわりにもいませんか?

そんな人と一緒に仕事なんてしたくないですよね?

企業はチームやプロジェクト、組織など必ず「人とのつながり」で成り立っていますので、その和を乱したり、トラブルを起こすような人を採用するのはできるだけ避けたいですよね?

そのために趣味や特技でも人柄を判断する材料としています。

面接時のコミュニケーションツール

「趣味・特技」の欄から人柄を判断するといっても、趣味が「マラソン」だから「この人はいい人だ~」なんて判断することはできません。あたりまえですよね。

この項目で書類審査の合否を判断することはほとんどなく、面接に進んだ時のコミュニケーションツールとして利用します。

面接で緊張している応募者の方の緊張をほぐすために雑談をしますが、そのネタですね。

「趣味は何ですか?」「ありません」では会話は続かず、余計に緊張させてしまいますので、この欄に書かれていることを話題にすることで会話のキャッチボールが生まれ、面接もスムーズに進めることができるようになります。

勘違いされている方もいますが、面接は「落とすため」ではなく「採用するため」に行われます。

企業としては面接に進んだ時点で、できればあなたを採用したいと思っています。

そのためには、余計な緊張をほぐしてできる限り「素のあなた」を引き出そうとします。

そういう意味でも、「趣味や特技なんて仕事に関係ないじゃん」と思わずに、趣味や特技、さらには日常生活の中で関心を持っていることなどでも構いませんので素直に書きましょう。

趣味・特技欄の書き方

趣味・特技の欄は履歴書のフォーマットによって「趣味・特技」欄がある場合と、志望動機と同じ欄に記入するパターンがあります。

趣味・特技欄がある場合

趣味・特技欄がある場合はそちらに記入します。

記入のポイントは後述の「記入のポイント」を参照してください。

志望動機欄と一緒になっている場合

志望動機欄と一緒になっているばあは、志望動機の後に記入します。

基本的に志望動機を優先させ、記入するスペースがない場合は最もアピールしたいものを選んで記入するなどしましょう。

記入するときの重要ポイント

簡潔に箇条書きで書く

趣味や特技は文章ではなく簡潔に箇条書きで書くようにします。

NG例

趣味はロードバイクで、実業団チームに所属してレースに参戦しており、昨年まるの5月に行われたレースでは3位入賞しました。また、フランス留学をした経験もありフランス語は日常会話なら不自由ないレベルで話せます。

OK例

・ロードバイク 実業団チームに所属しレース活動

・フランス語 日常会話レベル

文章で書くより箇条書きの方が端的に伝えることができます。

趣味などは詳しく説明したくなりますが、そこは面接時に話題になったときに話すようにしましょう。

趣味・特技欄はそういうコミュニケーションのきっかけにするものですので、詳しく書く必要はありません。

ポイント

箇条書きで書く時は、文末に句点「。」はつけないのが基本です。

具体的な補足を入れる

具多的な補足をひとこと入れるようにしましょう。

NG例

ロードバイク

OK例

ロードバイク 実業団チームに所属しレース活動を行う

ロードバイクと言っても、サイクリング的なものから、レースなど様々な楽しみ方があります。

ここでアピールできるような具体例があると、面接時の話題として取り上げやすくなります。

上記のように具体的にどのようなことをやっているのかを一言付け加えると、採用担当者がイメージしやすいですね。

記入しない方がいい趣味・特技

趣味・特技は基本的にはどんなことでも書いて構いませんが、ギャンブルや政治・宗教に関するものは避けた方がいいでしょう。

ただし、応募する企業の商品に関係するものがある場合は書いても構いません。

例えばパチンコ関係のシステムを開発しているのであれば、趣味はパチンコでもいいですね。

SNSや動画配信は記載してもいい?

趣味でSNSや動画配信などは記入しない方がいいか?という質問を多く受けますが、ITエンジニア系であれば特に問題はありません。

ちょっと前は避けた方がいいと言われていたこともありますが、今となっては業務の連絡手段としてSNSを活用している企業もあるくらいですから、まったく問題ありません。

動画配信も今となっては特別な趣味ではありませんね。

ただし、面接時に「情報収集はSNSを使っている」という表現は避けた方がいいでしょう。

仕事としての情報収集は「根拠」が重要ですので、根拠の薄いSNSを情報源とすることは、ITエンジニアとしてはあまり好ましくありません。

記載することがない場合の対処方法

「書けるような趣味や特技がないから・・・」と悩む方もいますね。

趣味や特技と言っても、他の人と比べて突出しているとか、変わったものである必要はありません。

そもそも「趣味とは〇〇である」というような定義はありませんので、あなたが普段の生活の中で関心があることや、ちょっとこだわりがある物であれば書いてしまっても大丈夫です。

例えば、趣味がコーヒーとなると、豆の産地や焙煎度合い、器具にもこだわっているというイメージがありますが、毎朝コーヒーを飲むのが楽しみとかそういうレベルでも全然大丈夫ですね。

あなたが日常の生活の中で、ちょっとだけこだわっていることを「趣味・特技」として伝えることが大切です。

趣味・特技も採用の可否に影響する場合がある

趣味や特技は、面接時にはあなたをリラックスさせるための雑談のネタとして使われることがあります。

では、その内容によって合否に影響することはあるのでしょうか?

書類選考の場合

書類選考ではよほど変な趣味や特技を書かない限り、合否に大きな影響はありません。

考えても思いつかない場合は「特になし」と書いても大丈夫です。

ただし、多少のプラス加点は考えられますので、安易に「特になし」とはせず、できる限り記載するようにしましょう。

面接の場合

趣味や特技は個人の自由なので「趣味はマラソンですか、ではプラス加点ですね」とか「趣味はサバゲーですか、ではマイナス加点ですね」なんてことがあったら、それこそ差別ですよね?

そう考えると、趣味や特技の内容で面接の合否に影響することはないと思いますが、その受け答えによっては合否に影響が出る場合があります。

マイナスイメージになるパターン

・急にため口になる

・なぜか上から目線

・実は嘘だった

リラックスさせるための雑談だとしても、面接であることには変わりませんので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です