【履歴書】本人希望記入欄は「特になし」はダメ!!正しい書き方を紹介

本人希望欄は応募者の条件を提示するのではなく、募集要項に選択肢がある場合にどれを選ぶかを伝えるためのものです。

この辺を勘違いされている方が結構いますね。

勘違いで終わればいいのですが、場合によっては書類選考で落とされる原因となります。

そうならないためにはどのように記入すればいいのかを紹介します。

本人希望欄が原因で書類選考で落とされる理由は採用のミスマッチを防ぐため

本人希望欄を深く考えずに「希望」として記入する場合がありますが、その記入内容によって書類選考で落とされることがあります。

理由は、採用側と応募側のミスマッチです。

応募側としては「希望なんだから、条件に合わなければ無視してくれればいいのに」と思うかもしれませんね。

ですが、募集企業からは本人希望欄は「入社条件」としてとらえられます。

簡単に言うと「私はこの条件でないと御社には就職しませんよ」ということです。

例えば、募集要項として「年収600万」として、あなたが本人希望欄に「希望年収700万」と書いたとします。

そこには100万円の開きがありますね。

あなたとしては、あくまで希望なので、ダメなら600万でも大丈夫というつもりだったかもしれません。

しかし、企業としては予算的に700万出すことができませんので、残念ながらあなたは書類選考で落とされてしまいます。

仮に待遇面で交渉を行いたい場合は、面接に進んだ段階で、さらに言うなら最終面接の場で行うのが基本です。

あなたの実績や能力を相手にしっかりと理解してもらった状態で交渉しましょう。

ただし、給与面として最低限の年収目標があり、それ以下の企業には就職したくないという断固たる気持ちがある場合は本金希望欄に希望年収を書くことも必要です。

面接まで進んだ段階で、採用条件で折り合いがつかずに辞退するのは、企業にとってもあなたにとっても無駄な時間と労力を使うことになりますからね。

本人希望欄で記入すべき項目

本人希望欄は、下記のような内容を記入します。

  • 募集業種が複数ある場合の希望業種
  • 入社可能日(分かっている場合)
  • 連絡先や連絡が取れやすい時間帯
  • どうしても必要な勤務条件
  • 記入する内容がない場合

募集業種が複数ある場合の希望業種

求人には複数の業種を同時に募集することがありますので、募集要項に複数の業種がある場合は、あなたが希望する業種を記入します。

記入例

入社可能日(分かっている場合)

入社可能日が分かっている場合は記入します。

ただし、本人の希望や予想で記入するのは避け、現在勤めている会社と交渉が終わって退職日が決まっている場合のみ記入するようにしましょう。

退職するときはあなたが行っていた業務を後任者に引継ぎを行いますが、あなたが思っている以上に引継ぎに時間が掛かる場合があります。

あなたが希望している退職日では引継ぎが終わらない可能性がありますので、注意してください。

入社可能日は西暦・和暦どちらでもいいですが、履歴書全体で統一するようにしましょう。

記入例

連絡先や連絡が取れやすい時間帯

最近は連絡手段としてメールが使われるようになってきましたが、電話での連絡が行われる場合もあります。

採用担当者から何度も電話してもつながらないという事態を避けるため、連絡が取れやすい時間を記入するのもマナーのひとつです。

就業中でも電話を受けられるという方もいますが、基本的に就業中は緊急な連絡以外は使用電話は避けた方がいいので、就業中は連絡不可とし、メール等での連絡を依頼するようにしましょう。

記入例

どうしても必要な勤務条件

未就学児がいる、介護が必要な家族がいるなどの、やむを得ない事情により勤務地や勤務時間に制約がある場合は、その旨を記入します。

また、定期的に通院をする必要がある場合なども記入します。

これにより、不利になる可能性もゼロではありませんが、採用後に「そんな話は聞いていません」とトラブルを防ぐためにも正直に記入しましょう。

記入例
コラム:持病は伝える必要がある?

基本的に転職活動時に事業の告知義務はありません。

厚生労働省では「事業者は応募者の能力や適性のみを選考の判断基準とし、基本的人権を尊重して公正な採用選考を行う」と企業に働きかけていますので、仕事に支障がない持病で不採用にすることはふさわしくありません。

ただし、伏せておくことで自信が不利になる場合(例えば定期的な通院が必要など)は事前に伝えておくことで双方のミスマッチを防ぐことができます。

仮にそれが原因で不採用となった場合は、募集企業が病気に対する配慮ができないということですので、もし仮に転職できたとしても、仕事をするなかでお互いに困ることになる可能性があります。

記入する内容がない場合

特別に記入することがなければ「貴社の規定に従います」と記入します。

ほかの欄では「特になし」と記入するのが基本ですが、本人希望記入欄では上記のように記入するのが一般的なマナーとなっています。

ただし、採用担当者としては「どっちでもいい」というのが本音ですね。

「希望がある」「希望がない」というどちらかの意思表示がされていれば大丈夫です。

「無記入」の場合は普通は「希望がない」と判断できますが、書類選考という視点で見ると、「社会人経験があるのに正式な文書をTPOに応じて書く能力がないのかな?」とマイナスイメージを持たれてしまう可能性があります。

本人希望記入欄の記入例

本人希望記入欄の代表的な記入例を紹介します。

本人希望記入欄には志望動機のようなオリジナリティは不要ですので、定型文のような書き方で大丈夫です。

勤務地希望

記入例

「介護が必要な家族がいるため、勤務地は〇〇を希望いたします。」

「介護が必要な家族がいるため、勤務地は〇〇、〇〇、〇〇のいずれかを希望いたします。」

事情により勤務できる場所が制限される場合は、具体的な理由を含めて希望する勤務地を記入します。

勤務時間希望

記入例

「子供の保育園の迎えのため、〇〇時の退勤を希望いたします。」

「子供の保育園の迎えのため、毎週〇〇曜日は〇〇字の退勤を希望いたします。」

事情により残業ができないなどの希望がある場合は、具体的な理由を含めて希望する条件を記入します。

近年はその辺の事情を配慮して柔軟な対応をする企業も増えてきています。

通院希望

記入例

「持病の定期診断のため、〇ヶ月に1度、休暇を希望いたします。持病は業務に支障はありません。」

持病などの検査のために、定期的に通院する必要がある場合は、理由を含めて希望する条件を記入します。

業務に支障がない場合は持病は申告する必要はありませんが、検査のためにどうしても休暇が必要な場合は記入します。

ただし、休暇を取ることはあなたの権利ですし、休暇を取る理由を伝える必要もありませんので、年に数回程度であれば記入する必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。