知っておきたい転職エージェントの5つのデメリットと解消方法

私も含め、転職エージェントをお勧めしているサイトはたくさんあります。

転職エージェントはいいぞ~

転職エージェントを使わないなってもったいない

転職エージェントにはメリットしかないようなことを書く方もいますが、転職エージェントにもデメリットはあります。

転職エージェントを活用するかどうか迷っている方は、このデメリットをしっかりと把握しておくことが大切です。

そして、そのデメリットを上手に解消することで、より効果的に転職活動を有利にしていくことができます。

「こんなはずじゃなかった・・・」

と悩む前に、この記事を読んでおくことをお勧めします。

転職エージェントの5つのデメリット

  1. 求人の応募までに時間が掛かる
  2. エージェント選びに失敗すると希望の求人が激減する
  3. レベルの低い転職エージェントがある
  4. 支援期間が決められているところもある
  5. 想定外の求人に出会う機会がない

デメリット1|求人の応募までに時間が掛かる

転職エージェントの場合、実際に求人に応募するまでに多少時間が掛かります。

求人情報誌などを活用する場合は、気になる求人を見つけたら即求人企業にアポを取ることができますよね?

しかし、転職エージェントの場合は、まずはサービスに登録し、担当のアドバイザーさんと面談をしてあなたの希望をヒアリングします。

そのうえで、適切な求人を紹介するというステップになります。

今すぐにでも求人を見つけて、即アポを取りたいという方にとってはストレスかもしれませんね。

デメリット2|エージェント選びに失敗すると希望の求人が激減する

転職エージェントには、得意とする分野があります。

もちろん様々なジャンルをカバーするエージェントもありますが、多くの場合は特定のジャンルに特化しています。

有名だからという理由だけで転職エージェントを選んでしまい、希望の求人を見つけることができず思うように転職ができないというリスクもでてきます。

デメリット3|レベルの低い転職エージェントがある

国内には約2万もの転職エージェントがありますが、その中にはとても残念なエージェントがあるのが現実です。

そういうエージェントは早かれ遅かれ淘汰されていくのですが、淘汰されても名前を変えて新たに業務を始めるという悪質なエージェントも存在します。

そのような質の低いエージェントを選ばないように、しっかりとチェックすることが大切ですね。

デメリット4|支援期間が決められているところもある

転職エージェントによっては、転職の支援期間を決めているところもあります。

支援期間とは、登録してから3か月というように、ある一定期間を過ぎると支援が打ち切られるというものです。

例えば、大手の「リクルートエージェント」は3か月間の期限、「パソナキャリア」は6か月となっていますね。

これは、期限を決めることで、応募者とエージェントの担当者の双方がメリハリを持って活動してもらいたいという意図もありますし、単純にいつまでも転職が決まらない人に工数を掛けたくないという大人の事情もあります。

どちらにしても、ゆっくりと時間をかけて転職先を見つけたいという人にとってはデメリットですね。

デメリット5|想定外の求人に出会う機会がない

希望する職種があり、求人雑誌を眺めていたら、こんな仕事もあるんだと想定外の求人を見つけ、新しい世界にチャレンジする人も少なくありません。

私も仕事柄求人雑誌はチェックすることが多いのですが、なんか心躍るような求人を見つけることもあります。

求人雑誌にはそのような想定外の出会いがあるのですが、転職エージェントはあなたの希望に沿った求人だけを紹介してくれますので、そのような想定外の出会いはほとんどありません。

やりたいことはあるんだけど、それがすごいぼんやりしている方にとってはデメリットになりうる事例ですね。

デメリットを解消する方法

転職エージェントの5つのデメリットを紹介しました。

しかし、このデメリットを解消することでメリットにすることもできます。

デメリットそれぞれ解消する方法を紹介します。

デメリット1の解消方法|求人の応募までに時間が掛かる

転職エージェントを活用する限り、求人への応募までに時間が掛かるのは仕方がないことです。

すぐに応募して転職先を決めたいという気持ちも分かりますが、大切なのは「焦ってはいけない」ということです。

転職自体が慣れない行動ですし、事情があって転職をしなければいけないこともありますので、どうしても冷静でいることができなくなってしまいます。

その結果、転職してみたものの、気が付いたらブラック企業だったとか、希望する業種ではなかったとか決して幸せな結果にならなかった事例をいくつも見てきました。

転職活動で重要なのは「冷静な判断」です。

そして、時間が掛かるということは、それだけあなたの希望や特性をしっかりと理解して、適切な転職先を紹介してもらうことに繋がっています。

デメリット2の解消方法|エージェント選びに失敗すると希望の求人が激減する

転職エージェントはそれぞれ得意なジャンルがありますので、自分が希望するジャンルに適したエージェントを選ぶことが重要です。

SEやプログラマー希望であれば、SEやプログラマーに特化した転職エージェントを選びましょう。

リクルートなどジャンルに特化していない企業の場合でも、当然SEやプログラマーの求人も扱っています。

しかし、担当者にあなたの希望が正確に伝わらない可能性もあるし、場合によっては相手の都合によって少し異なるジャンルの求人を紹介されることもあります。

特定のジャンルに特化したエージェントであれば、そのジャンルに転職する前提で話が進みますので、大きなすれ違いがありません。

特定のジャンルに特化したエージェントは、自社のHPにはっきりと明記されていますので、そこをしっかりとチェックしましょう。

デメリット3の解消方法|レベルの低い転職エージェントがある

レベルが低いか高いかをあなたが判断することは難しいでしょう。

唯一判断できる要素としては、そのエージェントがどのくらい長く経営をしているかです。

転職エージェントは、転職に成功したときに転職先の企業から成功報酬を受け取ることができます。

もし、レベルの低いエージェントであれば、なかなか転職が成功しませんので、企業として長期間経営を行うことはできません。

5年や10年企業が存続できているということは、それだけ転職成功実績が多いと判断することができます。

ちなにみ、下記で紹介しているSE向けの転職エージェントはその辺の実績もしっかりしていますし、担当者のレベルも平均して高いので安心して活用できますので、参考にしてください。

デメリット4の解消方法|支援期間が決められているところもある

解消方法としては2つあります

1つ目は、期限が決まっていない転職エージェントを選ぶということです。

下記で紹介しているところは期限はありませんので、このような転職エージェントを選ぶといいでしょう。

2つ目は、再契約もしくは延長する方法です。

先に紹介したリクルートやパソナは期限が来ても延長ができますし、一度契約が終了しても再契約することも可能です。

まったく転職活動をせずに契約期間が終了した場合は困りますが、何度もトライしてどうしても転職が成功しない場合はこの方法で再度チャレンジできます。

また、特定の企業とやり取りが続いている中で契約期間が来た場合は、延長も可能な場合もあります。

デメリット5の解消方法|想定外の求人に出会う機会がない

この場合は、転職情報誌やハローワークとの併用をすることで解消できます。

特にハローワークは、転職エージェントを使う場合はハローワークは使えないと思っている方もいますが、問題なく併用可能です。

転職エージェントで本命の転職先を狙い、ハローワークでもっと視野を広げて転職先を探すということもできますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です